地球温暖化影響調査レポート

平成29年地球温暖化影響調査
レポート(概要)
○「地球温暖化影響調査レポート」とは、都道府県の協力を得て、地球温暖化の影響と考えられる農業生産現場における高温障害等の影響、その適応策等について報告のあった内容を取りまとめたもの。
(「農林水産省地球温暖化対策総合戦略」(平成19年6月策定)及び「農林水産省気候変動適応計画」(平成27年8月策定)に基づき、平成19年より取り組みを開始。)
○平成29年地球温暖化影響調査レポートの調査対象期間は、平成29年1月〜12月である

 

農林水産省の
平成29年地球温暖化影響調査レポート」はこちらからどうぞ。

 

>>平成29年地球温暖化影響調査レポート

 

 

 

平成29年の気象の概要

平成29年の特徴的な天候としては、8月以降の天候不順や秋の全国的な多雨・寡照がある。沖縄・奄美では夏から秋にかけて顕著な高温状態となった。

 

平成29年の気温・降水量・日照時間

 

平均気温

【冬】
全国的に暖冬であったが、一時的に強い寒気が南下することがあった。
【春】
高気圧に覆われやすく、北・東・西日本で気温が高かった。
【夏】
東・西日本で高く、沖縄・奄美でかなり高かった。7月の北日本は、平年を著しく上回る高温となる時期があったが、
8月に入ると北・東日本太平洋側で曇りや雨の日が多い不順な天候となり、北日本の平均気温は平年並だった。
【秋】
沖縄・奄美でかなり高く、北日本で低かった。東・西日本で低かった。東・西日本は平年並だった。11月中旬以降は、北〜西日本で気温が低い状態が続いた。

 

降水量

【冬】
西日本の日本海側で多く、沖縄・奄美は少なかった。北・東日本および西日本太平洋側では平年並だった。
【春】
高気圧に覆われやすく、北・東・西日本で降水量が少なかった。特に、北・東日本日本海側でかなり少なかった。
【夏】
北・東日本の日本海側で多く、東日本太平洋側と西日本の日本海側、沖縄・奄美で少なかった。
「平成29年7月九州北部豪雨」が発生するなど、記録的な大雨となった所があった。
【秋】
全国的に多く、西日本と東日本太平洋側でかなり多かっ。秋雨前線の活動が活発となって広い範囲で大雨となり、特に10月は北日本から西日本にかけて顕著な多雨・寡照となった。

 

日照時間

【冬】
東日本太平洋側でかなり多く、西日本で多かった。北日本日本海側で少なかった。
【春】
東日本と西日本日本海側でかなり多く、北日本、西日本太平洋側で多かった。
沖縄・奄美では平年並だった。
【夏】
東日本の日本海側、西日本と沖縄・奄美で多かった。北日本と東日本太平洋側では平年並だったが、8月に入ると北・東日本太平洋側で曇りや雨の日が多い不順な天候となり、月間日照時間がかなり少なかった。
【秋】
西日本でかなり少なく、沖縄・奄美で少なかった。北・東日本では平年並だった。秋雨前線の活動が活発となって広い範囲で大雨となり、特に10月は北日本から西日本にかけて顕著な多雨・寡照となった。

 

平成29年の年平均気温偏差

2017年の日本平均気温偏差は+0. 26°Cで、統計を開始した1898年以降で14番目に高い値となった。
○日本の年平均気温は様々な変動を繰り返しながら上昇しており、上昇率は100年あたり1.19°Cである。

 

以下の図からも、温暖化現象が起こっていることがよくわかります。

*日本の平均気温偏差(出典:農林水産省)