ラウンドクール(露地用トンネル被覆材)

 

 

 

 

@ラウンドクール(露地用栽培向けの被覆材)

 

ラウンドクールは露地用栽培向けの被覆材です。

 

一般的な、露地用の被覆材は、寒冷紗やサンサンネットが多いのではないでしょうか。従来の露地栽培用ネット(被覆材)は、微細害虫の侵入を防ぐことを大きな目的としていました。

 

確かに、害虫を防ぐことは大事ですが、昨今の温暖化の影響で品種(葉物など)によっては、露地栽培をするのが難しくなってきております。しかしながら、露地栽培は生産にかかわるコストが施設栽培に比べて、安い等のメリットがある。

 

なので、露地栽培で夏場の葉物が生産できれば、単価も高く売れますし、メリットがあります。

 

ラウンドクールは、夏場の露地栽培ができるように開発された被覆材で、茨城県のチンゲンサイ、埼玉県のほうれんそう・大根、石川県の大根などに採用され、徐々に採用エリアが広がってきております。

 

ラウンドクールの大きな特徴は、

地温の上昇を抑制することです。

 

--------------------------------------------

ラウンドクールの詳細資料

 

 ラウンドクールの資料はこちら

 

以下は、ラウンドクールの規格巾です。
長さはすべて100mとなっております。
規格巾

1.35m

1.5m

1.7m

1.8m

2.1m

2.35m

2.7m

3.0m

ラウンドクールを使用して、夏場に生産の難しい葉物を使用した農家さんの写真です。
夏場に関東平野では、葉物を生産するのは非常に難しいと言われてます。
ご存知の通り、夏の関東平野の気温は30度以上で、猛暑日(35度以上)も連日続くので。。。

 

それをラウンドクールの力で、生産可能にするというものです。ラウンドクールは、光に含まれる赤外線(熱源)を反射し、光合成に必要jな可視光線(虹色の7色)を効率良く通します。それにより、地面へ赤外線が届きにくくなるため、温度上昇を抑制するのです。
なので、水やりの回数も3回が一回に減るなどの、色々な効果もあります。

 

画期的な、露地栽培の被覆材です。